なぞまっぷ

リアル脱出ゲームや謎解きの感想・情報ならなぞまっぷ!500回以上、日本・海外のイベントに参加した経験からおすすめイベントや攻略のコツを紹介しています。

なぞまっぷ
なぞまっぷ

初心者用
レポート
練習問題
テクニック
考察

本日の人気記事ランキング

【感想】「悪魔的大忘年会からの脱出」はSCRAPのおふざけが味わえます!

f:id:lirlia:20181208181132j:plain

 

こんにちは ぎんです。

 

SCRAPの「悪魔的大忘年会からの脱出」に挑戦し、脱出に成功しました。ちなみに、イベント名が2019年からは「悪魔的大新年会からの脱出」に変わるそうですね。

 

この記事では参加した体験をもとに、悪魔的大忘年会からの脱出の魅力や・感想・イベント情報・参加前の注意点などをご紹介していきたいと思います。

 

リアル脱出ゲーム×中間管理録トネガワ「悪魔的大忘年会からの脱出」| 東京ミステリーサーカス | TOKYO MYSTERY CIRCUS

 

 

イベントの特徴を3つあげてみる

このイベントの特徴を3つに絞ってみるとこんな特徴があります。

  • 中間管理録トネガワ(漫画)とのコラボ
  • SCRAPにしては珍しいネタ満載イベント
  • 東京(新宿)でしか遊べない

 

イベントの情報

あらすじ

あなたは漆黒の金融企業「帝愛グループ」の新人黒服。今日は年に一度の「帝愛大忘年会」の日。兵藤会長が最高幹部の利根川にある命令を下す‥‥。

 

「つまらん‥‥! 毎年、毎年‥‥同じような忘年会ばかり‥‥!よいか、利根川。今から60分以内に、ワシを満足させる忘年会を作り上げろ‥‥。できなければ‥‥焼き土下座‥‥!肉焦がし骨焼く灼熱の巨大鉄板の上で10秒間の土下座だっ‥‥!」

 

危機感を覚える利根川‥‥。あなたたち新人黒服を緊急招集‥‥!

 

「会長が喜ぶ宴会芸をリサーチし、忘年会で披露してもらいたい‥‥!」もし会長の機嫌を損ねれば、あなたたちも焼き土下座‥‥!

 

60分以内に会長を僥倖させる宴会芸を披露し、この圧倒的危機を切りぬけろっ‥‥!!

 

イベントの詳細情報

種類 ホール型
チーム人数 6人 
開催日 2018年10月18日(木)〜 2019年2月24日(日)
●平日: 14:00 / 17:00 / 19:45
●土日祝: 10:05 / 12:35 / 15:05 / 17:35 / 20:05 
所要時間 ゲーム:60分
前説+解説:40分
※ゲーム、前説、解説の合計時間がイベントの長さです
開催場所 東京都 新宿歌舞伎町 東京ミステリーサーカス
参加費 前売通常チケット
一般: 3,200円
学生: 2,700円
グループ(1〜6人): 18,600円

圧倒的くじ引き付き
チケット
一般: 3,900円
学生: 3,400円
グループ(1〜6人): 22,800円
※「悪魔的大忘年会からの脱出」オリジナルグッズは一部商品を除き、一回 700 円の「くじ」方式でのランダム販売となります。 「圧倒的くじ引き付きチケット」は、くじを一回引ける「⻩金のくじ引き券」がついてきます。

当日チケット
一般: 3,700円
学生: 3,200円

※前売券が完売した場合、当日券の販売は行いません。
※学生料金でチケットをご購入の方は、当日学生証のご提示をお願い致します。
※圧倒的くじ引き付きチケット、グループチケットは当日券での販売はございません。
※グループチケットは、1~6名様のお好きな人数でテーブルを貸し切ってゲームに参加できるチケットです。
特記事項  

 

▼イベント種類の説明はこちらの記事をご覧ください

【よく分かる】リアル脱出ゲーム・謎解きイベント種類と違い

 

イベントの参加前に知っておくといい情報

中間管理録『トネガワ』の知識がなくても楽しめますか?

一緒に参加した知り合いもトネガワを全く知りませんでしたが、楽しめていたので知識はなくても大丈夫です。

 

ただ雰囲気をもっと楽しみたい方は1巻だけでも読んで参加すると面白いと思います。個人的には面白い漫画なのでとてもおすすめです。
 

イベントに参加した感想

作品の雰囲気作りがすごい

主人公のトネガワは帝愛グループという会社の中間管理職です。原作では、日々無茶振りをする上司に振り回され、部下の尻拭いをし・・・というちょうど中間で右往左往するのですが、その雰囲気がしっかりと表現されたイベントでした。

 

悪魔的な無茶振りを要求される会社の忘年会(今後は新年会ですが)をうまく表現しており、原作にでてくる黒服やモブキャラがいたるところに存在していました。

 

f:id:lirlia:20181208181118j:plain

 

また原作でおなじみのフレーズである「ざわっ・・・」「僥倖(ぎょうこう)」などをイベント中に参加者に連呼させることで、トネガワワールドが生まれていたと思います。(こうして書くと宗教っぽい)

 

全体的な感想について

タイトルの「悪魔的大忘年会からの脱出」からもわかるように、SCRAPのおふざけ感が感じられるイベントでした。

 

いつものリアル脱出ゲームは「人の命がかかっていたり」、「世界の崩壊をくいとめる」という重たいテーマですが、今回は忘年会をなんとかしようという軽めのテーマだからなのか原作の雰囲気だからなのか、とても「おふざけ要素」が強いイベントでした。

 

SCRAPがまじめにおふざけ要素いれるとこう面白いんだなを認識させられましたね。謎解き中、真面目に解きながらも要所要所でふざけてくるのでその辺で緊張感なく?面白く?すすめられたと思います。

 

テンションはこんな感じ。

f:id:lirlia:20181208181128j:plain

ぎんは楽しめましたが、もしかしたら人によってはいつものリアル脱出ゲームと違う雰囲気なので「んん??」と思ってしまうかもしれませんね。

 

ということで評価はこんな感じです。

f:id:lirlia:20181208181122j:plain

 

 

悪魔的大忘年会からの脱出の難易度

 

※難易度は5段階で表示されます
※これまで参加したイベントと比較しています

 

今回ご紹介したイベントに興味のある方は公式サイトへ!

リアル脱出ゲーム×中間管理録トネガワ「悪魔的大忘年会からの脱出」| 東京ミステリーサーカス | TOKYO MYSTERY CIRCUS

icon from icon8.com