なぞまっぷ

リアル脱出ゲームや謎解きの感想・情報ならなぞまっぷ!500回以上、日本・海外のイベントに参加した経験からおすすめイベントや攻略のコツを紹介しています。

なぞまっぷ
なぞまっぷ

初心者用
レポート
練習問題
テクニック
考察

本日の人気記事ランキング

【感想】約束のネバーランドxリアル脱出ゲーム「偽りの楽園」が面白かった

f:id:lirlia:20190526092113j:plain 

 

こんにちは ぎんです。

 

約束のネバーランドとリアル脱出ゲームがコラボした謎解きイベント「偽りの楽園(ネバーランド)に参加してきました。この記事では参加した体験をもとに、偽りの楽園の魅力や・感想・イベント情報・参加前の注意点などをご紹介していきたいと思います。

 

ぎんは「脱出に失敗」しました。

 

リアル脱出ゲーム×約束のネバーランド「偽りの楽園(ネバーランド)からの脱出」

 

 

イベントの特徴を3つあげてみる

このイベントの特徴を3つに絞ってみるとこんな特徴があります。

  • 約束のネバーランドの世界観を再現
  • ルーム型だが探索はほとんどなし
  • 謎の数も少なめだが、難易度は高い

 

イベントの情報 

イベントのあらすじ

「楽園だと思った世界は、全て偽りだった」

 

とある小さなハウスで暮らす子どものあなたは、エマという少女から送られてきた一通の手紙によって平和な日常が"造られた世界"であったことを知る。

 

「私たちは大人になれない。そんな運命...認めない!」

 

一緒に暮らす仲間、そして離れた場所に暮らすエマと協力し、全員でこのハウスから抜け出すことを決意する。

 

昼夜問わず続く準備。日に日に厳しくなる"優しい"ママからの監視。決行の日までは残り僅か...。

 

最後まで仲間を信じ抜き、1回限りのチャンスを成功させることはできるのか。命をかけた脱獄計画が、今はじまる!

 

イベントの詳細情報

種類 ルーム型
チーム人数 10人
開催日 会場による
所要時間 ゲーム:60分程度
前説+解説:30分程度
※ゲーム、前説、解説の合計時間がイベントの長さです
開催場所

アジトオブスクラップ札幌 2019年3月20日(水)~
アジトオブスクラップ下北沢ナゾビル 2019年3月12日(火)~
ナゾ・コンプレックス名古屋 2019年4月13日(土)~
アジトオブスクラップ大阪ナゾビル 2019年4月20日(土)~
アジトオブスクラップ福岡・天神 2019年3月30日(土)~

参加費

前売
一般:3,200円
学生:2,700円
グループチケット(3~10人):30,000円
※「グループチケット」は、3~10人のお好きな人数で、その回の公演を貸切にできるチケットです。前売のみの販売となります。

「ミネルヴァの謎解きペン」付き前売
一般:5,500円
学生:5,000円
グループチケット(3~10人):53,000円

当日
一般:3,700円
学生:3,200円
※「ミネルヴァの謎解きペン」付きチケットは前売のみの販売になります。

特記事項

■各回開場はゲームスタートの10〜15分前となっています。必ずゲームスタートの10分前にはお越しください。詳しくは各店舗ページにてご確認お願いします。
■ゲームの性質上、遅れますとご参加いただけない場合がございます。予めご了承ください。
■これは最大10人1チームで挑戦していただくリアル脱出ゲームです。
■その回に参加される人数が3人に満たない場合、他の回や他の日への振替をご提案することがございます。

 

▼イベント種類の説明はこちらの記事をご覧ください

【よく分かる】リアル脱出ゲーム・謎解きイベント種類と違い

 

イベントに参加した感想

偽りの楽園の難易度

 

※難易度は5段階で表示されます
※これまで参加したイベントと比較しています

 

イベントの参加前に知っておくといい情報

約束のネバーランドとは?

エマ、ノーマン、レイの三人組はグレイスフィールド孤児院で暮らす11歳の子供。 親兄弟はいないものの、孤児院の管理者(ママ)であるイザベラの愛情に包まれ、同じ孤児院の子供らと兄弟のように仲良く暮らしていた。


毎日行われる学力テスト、美味しい食事、女子にだけ与えられる幼児の世話、時折里子に出されるという名目で孤児院から去っていく年少の子ら。


外の世界を知らない彼らは、孤児院での生活を当たり前と信じていた。

 

その日が来るまでは。

 

という、ショッキングな世界観のサスペンスストーリー です。週刊少年ジャンプで連載していますが内容が非常に異色なことで有名です。

 

ぎんも最新刊まで読んでいますが、智謀をめぐらせ行動を起こすキャラクターがとても魅力的で、デスノートやHUNTERxHUNTERに近い印象を受けます。

 

原作を読んでいなくても遊べますが、1巻だけでも読んでおくと没入感や面白さが段違いになると思いますのでぜひ読んでください。アニメがついこの間までやっていたので、それを見るのも良いですね!

 

服装について

f:id:lirlia:20180902171357j:plain

 

ルーム型ですが探索はほとんどないため、動きやすい服装でなくても大丈夫です。靴は履き替えてクロックスを履くことになる(下北沢は)ので脱ぎやすい靴がよいですね。

 

イベントに参加した感想  

ルーム型というより約束のネバーランド再現

f:id:lirlia:20190526112956j:plain

 

今回のイベントはタイプとしてはルーム型に分類されますが、最近のスクラップの風潮なのか「約束のネバーランドのハウスを再現したイベント」でした。

 

というのも、ルーム型でありがちな高難易度の探索は一切なく、出題される謎も数としてはそれほど多くありませんでした。かわりに、約ネバの世界をそのまま再現した「ママとの共同生活の中から知恵を絞って脱出する」がテーマとなっています。

 

参加者はハウスに住む7〜9才の子供達になりきり、ハウスからの脱出を目指すのですがそこには障壁となるママの存在があります。ママはあの手この手で脱出を企てる参加者を邪魔してくるのですが、これが素晴らしい。

 

f:id:lirlia:20190526113104j:plain

 

ぎんが参加した回のママはまさにはまり役で、要所要所でビビりました。(度肝を抜かれました)テンショングラフでもわかるように途中で本気で驚いています。

 

f:id:lirlia:20190526092109j:plain

 

驚き度も圧巻の10ですね。あれは驚いた。

f:id:lirlia:20190526092105j:plain

イベントとしての難易度について

できて間もないイベントにも関わらず成功率は20%程度でした。最初に参加する人は謎解きに慣れていることを考えると、最終的な脱出成功率は10%を切るぐらいにはなると思われます。

 

難易度の高さは確かにという感じで、実際にぎんも失敗しました。

 

いやー、あれは難しいですね。どうしても情報共有が難しく、やることがドバッとくるので頭の回転が追いつきませんでした。ただし、解法はきちんと筋が通っておりさすがSCRAPの謎解きという感じでしたので、難しすぎて面白くないといったことはありません。

 

全体的な感想について

このイベントは全員が楽しみしやすくするための工夫がされており、リアル脱出ゲームに慣れていない人でも何かしらできるようになっています。約束のネバーランドの原作ファンへの配慮を感じます。

 

そのため序盤〜中盤の謎は簡単なものが多く、謎解きに慣れている方であれば即回答できてしまうかもしれませんが、最後は難しいのでトータルのバランスは保たれています。

 

イベントの雰囲気もよく作られており、何よりママを演じるスタッフが素晴らしかったのでぜひ下北沢アジトで参加を検討してみてください!

 

では。

 

今回ご紹介したイベントに興味のある方は公式サイトへ!

リアル脱出ゲーム×約束のネバーランド「偽りの楽園(ネバーランド)からの脱出」

icon from icon8.com