なぞまっぷ

リアル脱出ゲームや謎解きの感想・情報ならなぞまっぷ!500回以上、日本・海外のイベントに参加した経験からおすすめイベントや攻略のコツを紹介しています。

なぞまっぷ
なぞまっぷ

初心者用
レポート
練習問題
テクニック
考察

本日の人気記事ランキング

【感想】渋谷でAR謎解き「サラと謎のハッカークラブ」に参加してきた

f:id:lirlia:20181004005331j:plain

 

こんにちは、 ぎんです。

 

Pretiaの「サラと謎のハッカークラブ」に参加してきました。

 

日本最大の謎解き情報ブログを運営しながら、ハッキングの世界大会に参加したこともあるぎんへの挑戦的な謎解きですね、わかります。(ちがいます)

 

この記事では参加した体験をもとに、サラと謎のハッカークラブの魅力や・感想・イベント情報・参加前の注意点などをご紹介していきたいと思います。

 

サラと謎のハッカークラブ - AR謎解きゲーム

 

 

イベントの特徴を3つあげてみる

このイベントの特徴を3つに絞って紹介します。

  • 時間制限のある周遊型(渋谷を歩き回る)
  • スマホアプリと連動
  • AR(拡張現実)を使って、渋谷とアプリを融合

 

イベントの情報

あらすじ

制限時間は90分ー

 

渋谷中にしかけられた謎を解き、人々を救え!

 

2018年、東京。

 

この街には、サイバー事件から人々を守る秘密組織「ハッカークラブ」がいた。

 

ある日、あなたのもとに謎の少女"サラ"から一通のメールが届く。

 

「私はハッカークラブのサラ。あなたの力が必要なの。ハッカークラブの入団試験を受けてみない?」

 

果たして、入団試験の内容とは・・・!?

 

イベントの詳細情報

種類 周遊型
チーム人数 自由(公式は3人まで推奨)
開催日 〜2018年11月04日まで
所要時間 120分+前説解説あわせて20分程度
開催場所

東京都渋谷駅周辺
※集合場所は以下の通り
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-13 岡崎ビル3階

参加費

平日 1,290円
休日 1,990円

特記事項  

 

▼イベント種類の説明はこちらの記事をご覧ください

【よく分かる】リアル脱出ゲーム・謎解きイベント種類と違い

 

▼チケットはこちらから

サラと謎のハッカークラブ - AR謎解きゲーム

 

イベントの参加前に知っておくといい情報

どんなイベント? 

この作品は街歩き謎解きでありながら制限時間があり、なおかつポケモンGOで話題になったAR(拡張現実)を使ったアプリと、要素がてんこ盛りなイベントです。

 

ARは「実在する風景にバーチャルの視覚情報を重ねて表示することで、目の前にある世界を“仮想的に拡張する”というもの」です。

 

このイベントではスマホアプリを通じて、渋谷の街並みを見ることで爆弾を発見したり謎解きにチャレンジすることができるようになります。

 

↓電話ボックスをアプリでハッキングしている様子 (公式PVより)

f:id:lirlia:20181001222741j:plain

 

流れは以下通りです。

  1. 会場でオープニングを見る
  2. 謎解きアプリを起動する
  3. 街中に繰り出す
  4. ARで謎を見つける
  5. 謎を解く

あとは4と5の繰り返しですね。

 

移動距離はそこまで多いわけではありませんので、普段謎を解いている方であれば最後のポイントまで40〜50分でたどり着くでしょう。謎解き初めての方でも、アプリ上でヒントが聞けるのでなんとかなります!

  

服装について

f:id:lirlia:20180902171357j:plain

 

このイベントは街中を歩くイベントです。季節にあわせて歩きやすい格好をしましょう。あと荷物は少なめに!

 

スマホの種類に注意

  • Android版: Xperiaシリーズを除く、Androidバージョン7.0.0以上
  • iOS版: iPhoneSEを除く、iPhone6s以上かつiOSバージョン10.0以上
  • Android/iOS共通: 2GB RAM搭載かつ空きデータ容量1GB以上

持っていない方はこちらのフォームからレンタルもできます。

レンタル機予約申し込みフォーム

 

持っておくと良いもの

充電器・イヤホンです。

スマホの電池が切れるとゲーム続けられません。

 

イベントに参加した感想 

制限時間ありの周遊謎という新鮮さ

街を舞台にスマホ片手で解く謎解きはこれまでもありました。一方で、今回のイベントで珍しいのは周遊謎でありながら時間制限があるところです。

 

一般的に周遊謎は「時間を気にせずゆっくり遊べる」特徴があり、謎解き初めての方が時間を気にせず遊んだり、家族づれが食事や買い物を挟みながらも遊べるように設計されています。

 

周遊謎は初心者への門戸が広く解放されている種類であるため、謎解きに多く参加している人々の間ではよくタイムアタックかのようにクリア時間を競い合う文化があるほどです。

 

そんな「周遊謎=ゆったり」という謎解き界隈のお約束をぶち破ったのがこの作品です。個人的には時間に追われる方が謎解きイベントに参加していると感じられるので好きです。

 

総評としてはこんな感じです。

f:id:lirlia:20181001005657j:plain

制限時間イベントならではの注意点もありまして、プレイしながら「あとどれぐらいステップ数があるのか?」「難易度はどれぐらいなのか?」という肌感覚が通用しづらく、自然と足早になりました。(これまで参加したことのない団体だったのもあり)

 

また昼時に遊んだので「うまそうな飯屋見つけたけど今は入れない!!!覚えておいてあとで入ろう!」って感じでした。あのハンバーガー屋入りそびれた…。

 

ちなみに最後の方までいくと、ご丁寧にアプリが「これ以降はどこかで落ち着きながらプレイできます」と教えてくれるのでそこまで行ってから休憩するようにしましょう。

 

テンションは時間に追われて徐々に高くなって行きましたが、最後の最後で謎を解ききれず失敗…。余裕こいてカツ丼食べてたのが敗因でした…。つらい。

 

f:id:lirlia:20181001005659j:plain

スマホアプリについて

f:id:lirlia:20181001234229j:plain

 

今回のゲームはスマホアプリで全ての進行が行われます。

 

スマホの位置情報や通知機能が使われており、プレイヤーが指定の場所を訪れると様々なイベントが発生します。ゲームをプレイする前になんども「位置情報と通知の有効化」をアナウンスされますので有効にしておきましょう。

 

渋谷の街を歩き回って謎を解いてハッキングをするのですが、ハッキングの演出が凝っていて飽きません。(リアルなハッキングはこうじゃない感を感じるがゲームなのであり!)

 

一方でアプリの使いにくい箇所も散見されました。こちらはアンケートに記載しているので改善されることを期待しています。

 

例えば回答入力の操作性が悪いところ(1文字づつしか答えが入れられない)や、他のアプリに切り替えができないところ(困った時はLINEで答えてもらえるがLINEを起動するにはアプリを起動しなければならない)や、端末の電源をオフにすることができない(自動消灯は無効化必要?)などありました。

 

アプリを常時立ち上げながらゲームを進める必要があるためメモが取れなかったり、ネットサーフィンができなかったりとなかなかシビアでした。(おそらくできるのでしょうがアプリ動作が安定しないものと思われます)

 

また、制限時間は表示されているものの現在時刻が確認できなかったり、電話やLINEが来て反応しちゃうとどうなるの? というところは気になるところです。

 

個人的なオススメはイベント会社が用意してくれるスマホを借りてしまうことです。借りたスマホは電源ボタンやホームボタンを押しても反応しないようにしてくれているのでゲームに集中できます。調べごとをしたい際には自分のスマホが使える点もよいですね。(欲言えばスクリーンショットが取れないのが痛かった)

 

レンタル機予約申し込みフォーム

 

サラと謎のハッカークラブの難易度

 

※難易度は5段階で表示されます
※これまで参加したイベントと比較しています

 

最後は時間切れにより失敗してしまいましたが、それまでの問題はトントン拍子で進んでいけたのでまあこのぐらいかなあと思います。

 

さいごに

「サラと謎のハッカークラブ」はシリーズ物ですので、次回以降どういった話になるのか期待ですね! スマホアプリはもうちょっと改善していると嬉しいです!

 

今回ご紹介したイベントに興味のある方は公式サイトへ!

サラと謎のハッカークラブ - AR謎解きゲーム

 

icon from icon8.com