なぞまっぷ

リアル脱出ゲーム・謎解きに関する情報サイトです、初心者から上級者までぜひご覧ください

なぞまっぷ
なぞまっぷ

初心者用
レポート
練習問題
テクニック
考察

本日の人気記事ランキング

【感想】「京島からの手紙」は昭和の雰囲気が味わえるコスパのいい回遊謎です

f:id:lirlia:20180325012841j:plain

 

こんにちは ぎんです。

 

東京都墨田区で開催されている「京島からの手紙」に挑戦し、脱出に成功しました。

 

この記事では参加した体験をもとに、京島からの手紙の魅力や・感想・イベント情報・参加前の注意点などをご紹介していきたいと思います。

 

公式が発表したネタバレ解説サイトはこちらです。

「京島からの手紙」解説

 

 

イベントの特徴を3つあげてみる

このイベントの特徴を3つに絞ってみるとこんな特徴があります。

  • 東京都墨田区京島で開催されている回遊型の謎解き
  • 商店街がレトロな雰囲気で楽しい
  • 長屋を探検するのが楽しい

 

イベントの情報

あらすじ

墨田区京島にある古民家カフェの屋根裏から見つかった宛先不明の一通の手紙、日付は昭和37年◯月◯日。旧住民の書いたものだろうか。

 

「この手紙を届けてもらえませんか」

 

マスターから受け取った手紙を手にあなたは町へと歩き出す。50年以上届けられることのなかった手紙が果たせなかったもの。

 

謎が解けた時、過去と現在が動き出す…。

 

イベントの詳細情報

種類 回遊型
チーム人数 自由 
開催日

2018年3月23日(金)〜25日(日)
2018年3月30日(金)〜31日(土)

○開始時間
10:00/11:00/12:00/13:00/14:00/15:00
※各回定員10名
※開始の10分前に集合してください
※雨天決行

所要時間

・謎解き時間目安
中級者:2時間/初心者:3時間
※ゲーム前に前説が10分ほどあります

開催場所 Cafe&Bar 爬虫類館分館
(東京都墨田区京島3丁目17-7 下町人情キラキラ橘商店街入口)
参加費 お一人様につき2,500円(1drink付)
特記事項 謎解きにはスマートフォンアプリ「探検!京島マップ」が必要となります。事前に下記よりダウンロードいただくとスムーズです。

 

▼イベント種類の説明はこちらの記事をご覧ください

【よく分かる】リアル脱出ゲーム・謎解きイベント種類と違い

 

イベントの参加前に知っておくといい情報

スマホアプリが必要です

謎解きにはオリジナルアプリが必要です。以下のサイトからあらかじめダウンロードしておきましょう。

Landing Apps Inc.

 

また、電池を消耗するのでバッテリーを持って行くとよいです。

 

制限時間があります

受付時間とは別に、チェックポイントでスタッフの方が対応可能な時間が決まっています。ちなみに、ぎんが参加した時は18時半まででした。

 

参加前または、当日に確認しておくことをオススメします。

 

取り壊し前の長屋に入るので服装に注意

取り壊し前の木造長屋や狭いところに入ることがあります。

 

個人的にはあまり気になりませんでしたが、洋服が引っかかってしまうこともある場合がありますのでヒラヒラとした服は避けた方が良いかもしれません。

 

探索が難しい場合があります

回遊型の謎解きによくある現場探索ですが、けっこう難しい場合があります。その時はイベントスタッフや協賛店舗に行ってヒントを聞くとよいでしょう。

 

イベントに参加した感想

レトロ感溢れる商店街が魅力です

いままで墨田区というのはあまり馴染みがない場所でした。こち亀で有名な下町ですが、スカイツリーは行ってもその付近にはなかなか行く機会もめぐまれず。

 

今回のイベントではじめて色々とまわったのですが、どこか懐かしい昭和の雰囲気を感じる建物や人にあふれていました。商店街には都心ではめっきり見かけなくなってしまった、個人商店の八百屋や魚屋、お惣菜屋がひしめき合っていましたね。

 

けっこう歩いた気がしますが、そういえばチェーン店やコンビニを1回も見ませんでしたね。うーむ、なんか懐かしい雰囲気です。

 

イベント中に入った長屋も真っ暗で、とても怪しげな雰囲気だったのでぎんのテンションが上がりました↑↑↑

f:id:lirlia:20180325012854j:plain

 

これまで様々な場所(銀座・渋谷・歌舞伎町・新世界・地下鉄・ホテル・デパート・美術館など)で回遊型のイベントに参加してきましたが、こういった地域密着型のものははじめてだったのでいつもと違う雰囲気にテンションがあがりました。

 

 

f:id:lirlia:20180325012904j:plain

イベントの内容について

回遊型謎解き「ナゾサンポ」やスクラップのスマホ謎「マーカスと謎の幽霊屋敷」を制作された唐澤邦彦さんが、京島からの手紙の謎解き・アプリ制作も手がけています。

 

あらすじに書かれている「過去と現在が動き出す…。」を上手く生かした謎とストーリーになっており十分満足できるクオリティです。さらにそこに1drinkついてくるというのだから行った方がお得ですよね。

 

ということでぎんの評価はこんな感じです。

f:id:lirlia:20180325012851j:plain

司会/スタッフが評価高いのは、チェックポイントの方々がとても優しかったので。このイベントはいくつかの店舗を回り、回答を見せたりわからない問題を相談できます。

 

今回のイベントは3つの店舗のX周年記念を祝して開催されており、いわゆる商業団体の謎解きイベントではありません。ノウハウが少ない中、いろいろと親切丁寧な対応をしていただきとても楽しく参加できました。

 

京島からの手紙の難易度

 

※難易度は5段階で表示されます
※これまで参加したイベントと比較しています

 

さいごに

期間が限られたイベントのため参加が難しい方も多いと思いますが、タイミングがあえばぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

 

どうやら追加公演も開催されるとのことです。

https://twitter.com/sumidanazo/status/977557371114242048

 

では。

 

今回ご紹介したイベントに興味のある方は公式サイトへ!

【謎解き街歩きゲーム】京島からの手紙

icon from icon8.com