なぞまっぷ

リアル脱出ゲームや謎解きの感想・情報ならなぞまっぷ!500回以上、日本・海外のイベントに参加した経験からおすすめイベントや攻略のコツを紹介しています。

なぞまっぷ
なぞまっぷ

初心者用
レポート
練習問題
テクニック
考察

本日の人気記事ランキング

【外部記事紹介】 謎制作と色覚障害についてのお話

f:id:lirlia:20190714194450p:plain

 

こんばんは ぎんです。

 

この記事ではぎんが「面白いな!」とか「皆に読んでほしいな!」と思った、謎解き・リアル脱出ゲームの外部記事を紹介します。

 

※この記事は自動投稿されています。問題がある場合はお手数ですがTwitterまでご連絡いただけますと幸いです

 

謎制作と色覚障害についてのお話

あらすじ

※本記事は「謎製作者&謎クラスタの謎解きについてのアドベントカレンダーAdvent Calendar 2017」(https://adventar.org/calendars/2700)の13日目の記事になります。

はじめまして。こねこ*と申します。2012年に謎解きと出会い、以降謎解きと謎制作を趣味として楽しんでいます。

近年、謎解きイベントはテレビ等のメディアの影響で急速に広まっており、その結果として謎解きイベントに参加する方が急増しています。これはすなわち、何らかの障害を持つ方が謎解きイベントに参加する機会が増えるということを意味します。また最近は謎解きイベントの知名度向上に沿う形で周遊型謎解きイベントが増加傾向にあり、これによって何らかの障害を持つ方が、1人で謎解きに向き合う機会が増えることも予想されます。複数人で協力して謎解きを行う場合であれば、障害によって解くことが困難になる謎を回避することができますが、基本的に1人で解く周遊型謎解きでは、障害によって解くことが困難になる謎を回避することが難しくなります。したがって、今後謎制作をするにあたっては、謎解きを困難にする障害を持った方への配慮を行うことが重要になってくるのではないかと思います。

 

↓続きはこちらのリンクから↓

 

icon from icon8.com