なぞまっぷ

リアル脱出ゲームや謎解きの感想・情報ならなぞまっぷ!500回以上、日本・海外のイベントに参加した経験からおすすめイベントや攻略のコツを紹介しています。

なぞまっぷ
なぞまっぷ

初心者用
レポート
練習問題
テクニック
考察

本日の人気記事ランキング

【感想】タイムループ謎解き「アイドルは100万回死ぬ2」に参加した!

f:id:lirlia:20180720105423j:plain

 

こんにちは ぎんです。

 

リアル脱出ゲームx打越鋼太郎の「アイドルは100万回死ぬ2」に挑戦し、脱出に成功しました。

 

この記事では参加した体験をもとに、アイドルは100万回死ぬ2の魅力や・感想・イベント情報・参加前の注意点などをご紹介していきたいと思います。

 

 

イベントの特徴を3つあげてみる

このイベントの特徴を3つに絞ってみるとこんな特徴があります。

  • リアルタイムループゲーム(後述します)
  • シリーズものの第2弾です
  • 10人で遊ぶイベントです

 

イベントの情報

あらすじ

あなたが閉じ込められたのは不思議な部屋。


隣の部屋を見ると、以前命を救ったアイドルがそこにいる。

 

不安がよぎるあなた。その不安は的中する。なんと、またもアイドルが殺されてしまったのだ!そして突然時間がさかのぼり、アイドルが死ぬ前に戻される。

 

なぜまたしても彼女は殺されたのかなぜ時間ループに巻き込まれるのか

 

その謎を紐解くには、彼女を救うしかない。あなたは時間ループの中で死の運命に立ち向かう。

 

イベントの詳細情報

種類 ルーム型
チーム人数 10人
開催日 平日 13:00 / 15:00 / 18:00 / 20:00 (月曜定休)
土日祝 10:00 / 12:30 / 14:30 / 16:30 / 19:00
所要時間 ゲーム:60分程度(10ループ)
前説+解説:40分程度
※ゲーム、前説、解説の合計時間がイベントの長さです
開催場所

アジトオブスクラップ下北沢ナゾビル
東京都世田谷区北沢2-14-14

参加費

一般 : 前売券 3,000円 / 当日券 3,500円
学生(平日のみ) : 前売券 2,500円 / 当日券 3,000円

特記事項  

 

▼イベント種類の説明はこちらの記事をご覧ください

【よく分かる】リアル脱出ゲーム・謎解きイベント種類と違い

 

イベントの参加前に知っておくといい情報

リアルタイムループゲームとは?

今回の作品は、リアル脱出ゲームでお馴染みのSCRAPが、極限脱出 9時間9人9の扉の制作者 打越 鋼太郎氏とコラボして作成した作品で、リアル脱出ゲームではなく「リアルタイムループゲーム」と銘打たれています。

 

極限脱出 9時間9人9の扉

極限脱出 9時間9人9の扉

 

 

参加者はこのリアルタイムループゲームの中で、隣の部屋のアイドルが殺されるのを防ぐことを目標とします。

 

「アイドルは100万回死ぬ2」のあらすじでは書かれていませんが、「アイドルは100万回死ぬ」と同じく10回のループの中でどうにかしてアイドルを助けるイベントですね。

  

タイムループは、いわゆるリトライと同じ意味です。10回たーいむループをして、どうにかしてアイドルが生存できるルートを探す謎解きとなります。

 

  • 1回目:アイドルを救うためにAをしてみよう! → アイドル死亡
  • 2回目:AはだめだからBをしよう→次はCだ! → アイドル死亡
  • 3回目:・・・

と言った感じです。

 

SFでよくあるループ物を実際に再現したような作品になっています。

少し前のアニメ作品シュタインズゲートなども同じくループ作品ですね。

 

 

服装について

いわゆるルーム型のように細かな探索はないため、服装に制限や気をつけたほうがよいことはありません。1つ注意するとすれば、靴を脱いでクロックスに履き替えるので脱ぎやすい靴だと楽チンです。

 

アイドルは100万回死ぬに参加する必要ある?

一応ストーリー的には続いているように書かれていますが、参加していなくても全く問題ありません。注意点としては「他の参加者がポロと1のネタバレを言ってしまうことがあるかも…?」というぐらいです。

 

参加前にスタッフの方が1の参加有無を聞いてくれて、1をまだ参加していない方がいればポロっと言わないように注意してくれますので大丈夫だと思います。

 

イベントに参加した感想 

ぎんはシリーズ1を遊んでいるので、前回との比較で面白かったかどうか?という目線の感想になりますが「1より面白かった」です。

 

以前参加した時の記事を見ると、

時を遡ってアイドルを救う「アイドルは100万回死ぬ」に参加した! - なぞまっぷ

 

こんな感想が書かれていました。(今見てもたしかにという感じ)

今回の公演は全体通じて「物足りなさ」が大部分を占めています。というのも、アジト型のリアル脱出ゲームでよくあるヒリヒリとした感じが少ないからです。

  • 謎が全体的に少ない
  • 探索要素がほとんど無い
  • 時間制限ではなく回数制限のため時間に追われる緊張感がない

特に、後半に関してはほとんどやるべきことが見えてしまっているため(これまでの失敗で大体アイドルを救うために何をやればいいかわかっている)数人で事足りてしまうのです。

※ゲームのバランス的に後半は暇を持て余しやすい

 

では今作ではどうだったかというと、すべてとは言いませんがだいぶこの辺りが改善されており、特に「暇を持て余しやすい」という点においては払拭されていたかなと思います。

 

また前作よりも面白かった点として「演出」が挙げられます。

 

具体的にどんな演出だったかはネタバレのため伏せますが、今後もしこのリアルタイムループシリーズが続くとしたら次はどんな演出持ってくればこの衝撃を超えられるのか?と思ってしまいました。

 

ということでテンションは高めですね。

f:id:lirlia:20180720105042j:plain

 

チャートもこんな感じです。前回より大きめです。

 

f:id:lirlia:20180720105039j:plain

リアルタイムループゲームの攻略のポイント

リアル脱出ゲームの時間制限とはちがい、回数で縛られているので普段より思い切った挑戦がし辛いイベントになっています。

 

というのも、あと◯回しかチャンスがない!という時にあってるかわからない行動をしてしまうと少ないチャンスをまるごと無駄にしてしまうことになるからです。最後の1回でやらかすと、その場で脱出失敗が確定してしまいます。

 

なので、最初の方から色々な可能性を同時にためしたり、失敗が確定したループ中でもやっていないことを試すなどして1回にできることを増やすことをお勧めします。また、思いきの良さもタイミングによっては大事ですね!

 

アイドルは100万回死ぬ2の難易度

 

※難易度は5段階で表示されます
※これまで参加したイベントと比較しています

 

さいごに

 

前作よりパワーアップしたこのイベント、1に参加していなくても問題なく楽しめるので初めての方にもお勧めです。(2参加してから1に参加するとスケールダウンしたように感じるかも?)

 

今回ご紹介したイベントに興味のある方は公式サイトへ!

アイドルは100万回死ぬ2 | リアル脱出ゲーム OFFICIAL WEB SITE

icon from icon8.com