なぞまっぷ

リアル脱出ゲーム・謎解きに関する情報サイトです、初心者から上級者までぜひご覧ください

なぞまっぷ
なぞまっぷ

初心者用
レポート
練習問題
テクニック
考察

本日の人気記事ランキング

「コール研究所の謎を解明せよ」 Auのシンクコールを使ったイベントに挑戦!

f:id:lirlia:20150316182117j:plain

Auの新機能を使った謎解きイベント!

 

こんばんは (@tenhouginsama)です。

今回は、渋谷の街中で3日間限定で開催されていました「Au × E-pin」の謎解きイベント、「コール研究所の謎を解明せよ」に参加してきましたのでそのレポートとなります。なおネタバレがない、感想・評価になりますのでご了承ください。ちなみに結果は脱出成功しました!

 

公式サイト

 

2:あらすじ

渋谷パルコ前に突如出現した謎のボックス『シンクボックス』。そこは、著名な研究者でありauの『シンクコール』を開発した「コール博士」の研究所である。

あなたは、コール博士がうっかり研究室に残した<機密データ>を守って欲しいとの依頼を受けた。しかし、面倒なことに研究室は侵入者を感知するとドアにロックがかかり、出られなくなってしまう。研究室から脱出するには、制限時間内に研究室の謎をすべて解かなければならない。

あなたは無事に『シンクボックス』から脱出できるのか!?

 

3:公演の特徴

難易度は簡単!

 今回の公演はAuの製品紹介を兼ねたイベントで、難易度としてはそう難しいものではありません。謎の内容自体もどこかで見たことのある問題だけなのでそこは特筆すべきことは無いですね。

 

特徴はここ!

 写真を見るとお分かりのように、渋谷の路上に目立つ感じで2つのキューブ型の施設がありました。プレイは2人以上からの参加となっており、それぞれが別々の部屋に同時に入ってゲームがスタートします。

f:id:lirlia:20150316181119j:plain

f:id:lirlia:20150316181135j:plain

部屋には4問ほど問題が貼ってあり、お互いの部屋のパーツを組み合わせて問題を解く形になっていました。そしてここで登場するのがAuの新機能「シンク機能」です。

 

4:Auのシンク機能とは

 簡単に説明しますと、通話をかけながら自分のホーム画面やカメラで写している画面を共有できるといった機能です。今回は、お互いの部屋にシンク機能を搭載したスマートフォンがそれぞれ設置されており、この機能を使用してお互いの部屋の情報を共有する形となっていました。

f:id:lirlia:20150316181149j:plain

ただ、問題によっては経験者が推測(いわゆるメタ解き)でクリア出来てしまうものもあり、シンク機能使わない場面もあったりしました。そもそも、そんなことを想定していないと思いますが! 詳細は下記より。

シンクコール | 通話サービス:サービス・機能 | au

f:id:lirlia:20150316181318p:plain

5:シンク機能は使えるのか?

 LTEや4G、3Gといったインターネット回線での通信となるのですが、映像を常時送ることになるのでパケットを消費します。最近は、あまり通信をしない方向けの安いSIMが広まってきておりますので機能的には微妙かなあと。

http://www.flickr.com/photos/88595642@N00/2825034424

謎解きに使えるか?という疑問ですが、ピンポイントには使えるかもしれませんが画像とって送れば?? とおもってしまいますし、何よりお互いが指定のスマートフォンを持っていないと使用できないので問題外ですね。残念。

 

6:さいごに

 無料でできる、謎解きとしてはちょっと変わったイベントだったので楽しかったです。難易度もそれほど高くない割に、ぎりぎりに脱出できたのでその緊張感があったたのかな…? もしくは、街中(公衆の面前)での謎解きのためか気分が高揚したのかも…? また機会あればみなさんも行ってみてください。では。 

 

 
icon from icon8.com