読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぞまっぷ

リアル脱出ゲーム・謎解きに関する情報サイトです、初心者から上級者までぜひご覧ください

なぞまっぷ
なぞまっぷ

初心者用
レポート
練習問題
テクニック
考察

本日の人気記事ランキング

ダンガンロンパ

2,500円で3時間の謎解きイベント!圧倒的なコスパの「ニチョ謎」に参加してきた

f:id:lirlia:20141028194128j:plain

ニチョ謎

 

こんばんは。f:id:lirlia:20140929210025j:plainです。

今回は新宿二丁目で行われたニチョ謎の「その世界はパズルで出来ていた」に参加してきましたので、レポートしていきたいと思います。なおネタバレがない、感想・評価になりますのでご了承ください。

 

1:ぎんチャート

 

f:id:lirlia:20141028194036p:plain

 

2:公演情報

 

公演名 ニチョ謎
種類 特殊型(個室で実施、1チームのみ)
開催日時

2014年9月14日~12月23日

10:00-13:00, 14:00-17:00

※1公演あたり2.5時間~3時間

開催場所

Cruising Bar DOCK

新宿区新宿2-18-5 第二成光ビル B1F

参加費

予約:2,500円 (1drink付)

当日:3,000円 (1drink付)

 

3:あらすじ

 

願いを叶え、パズルの世界から全員生還せよ。

 

TT-RPG(テーブルトークロールプレイングゲーム)にパズルの要素を盛り込んだ、 TTP-RPG(テーブルトークパズルRPG)をコンセプトとした謎解きイベントです。

 

参加者の皆様は、ゲームマスターの指示に従って、 あらゆることがパズルになってしまう世界に迷い込んでいただきます。チームで力を合わせて散りばめられた問題を実際に解き、女神様に願いを叶えてもらって全員で生還してください! 

(※TT-RPG経験の有無は生還成功に影響ありません。)

 

 TT-RPGという単語がちらほら見えますが、全く知らなくても問題ありません。すこしだけ解説しておくと、TT-RPGとはテーブル上で行うRPGです。キャラクターシートと呼ばれる紙に、自分の分身となるキャラクターを作り出しそのキャラクターを使ってテーブル上でゲームする内容です。とまあこんな感じですが、実際は若干ちがうものになっていますので参加してみてください。

 

4:公演の特徴

 

本公演はなんと「3時間」です。一般的な公演時間が1時間ですのでまさかの3倍です、にもかかわらず価格は前売り「2,500円」という破格さ。これだけで十分話題性抜群だと思います。

f:id:lirlia:20141029192111p:plain

しかし、これだけで終わらないのが今回の「ニチョ謎」、今回の公演は新宿二丁目の怪しげな地下バーでひっそりとおこなわれていました。新宿二丁目といえば性別の垣根を越えた未知の場所…。

f:id:lirlia:20141029192112j:plain

とまあ立地はさておき内容についてですが、RPGの形式で進みます。

パズルの世界から脱出するというミッションを与えられた私達は、GMが用意したストーリーに沿って謎を解いていきます。(RPGゲームを想像してもらえるとわかりやすいと思います)数々のお使いや、謎を解いていくと最終ミッションに辿り着くようにストーリーが組まれておりさながらRPGゲームに潜り込んだような錯覚を覚えることでしょう。そしてこれが3時間も出来るのです。

そのため、ストーリーを進めるために多く時間がかかりますので、時間の割に謎の数は多くありません。意外に思われるかもしれませんが、下手するとSCRAPの謎が多いイベントのほうが謎が多いかもしれませんね。

f:id:lirlia:20141029192113j:plain

 

5:どんな謎解きの形式?

 

謎解きに慣れた方は驚くかもしれませんが、「制限時間の無い謎解き」があります。「どゆこと??」となるかと思いますがそのままの意味で、解けない限り先に進めないのです。(そのため結構頻繁にヒントを出してくれますが)

しかし一方で、制限時間がシビアに決められた謎もあり、こちらは制限時間内にクリアしないと失敗となってしまいますので油断大敵です。

 

そして、最も時間がかかる要素は「答えが難しい」ことです。難しいというのは解法を見つけるのが大変とか、複雑な問題といったことではなく「Google先生必須」なんです。(難しい読みの文字がでるとか)Googleを使える機器を用意しましょう。

f:id:lirlia:20141029192110j:plain

 

6:特殊な形式についての感想

 

参加されたことのある方はわかると思いますが、形式が非常に「特殊」です。先ほど述べたように時間が長いことをはじめ、立地や謎の内容に至るまで独創的です。通常6人1組で行うヒミツキチ型の公演では、複数チーム居るのが当たり前でチーム間の協力はないですが、今回は1チームしかいません。

そのため、「わいわい」できます。隣を気にしなくていいっていうのはいいですね。あと謎解きが長いので結構のびのび出来てしまいます。

 

7:新宿三丁目で甘いモノが食べたくなったら

 

新宿伊勢丹の地下1Fにある「ジェラート屋」が個人的にオススメです。


マリオ ジェラテリア 新宿伊勢丹店 (マリオジェラテリア) - 新宿三丁目

f:id:lirlia:20141029192114j:plain

 

8:さいごに

 

やっぱり目玉は「圧倒的なコストパフォマンス」です。

3時間と拘束時間は長いですが、是非参加してみてください。

では。

 

icon from icon8.com