読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぞまっぷ

リアル脱出ゲーム・謎解きに関する情報サイトです、初心者から上級者までぜひご覧ください

なぞまっぷ
なぞまっぷ

初心者用
レポート
練習問題
テクニック
考察

本日の人気記事ランキング

ダンガンロンパ

真っ暗な古代の墓から脱出せよ!「軒轅陵」の参加レポート

f:id:lirlia:20141006003820p:plain

軒轅陵(けんえんりょう)

 

こんばんは、f:id:lirlia:20141006221418g:plainです。

今回は池袋「リアル密室脱出ゲーム」「軒轅陵」の参加レポを書きます。

(「軒轅陵(けんえんりょう)」の「軒轅(けんえん)」とは中国の皇帝の事を意味し、「陵(りょう)」は皇帝の墓を意味します)

 

いまだけ割引キャペーン中のようです(2015/4/12まで)

リアル密室脱出ゲームって何?って方はコチラの記事をどうぞ。

Twitterで話題!あの池袋初のリアル密室脱出ゲーム「絶対空間」に潜入してきた

 

「夢の境」のレポートについてはコチラをどうぞ!

【1】あらすじ

 

「夢の境」と同じく、公式HPにあらすじがありません。一応、参加前にスタッフの方からちろっと説明を受けましたのでそれを転記しておきます。

あなたは皇帝の墓の中に閉じ込められた。

 

四方を囲まれた部屋の中から扉を見つけだし、

皇帝の棺が納められた部屋を抜け、再び地上にたどり着くのだ。

 

こんな感じです。

【2】部屋に入ると

 

部屋に入ると、真っ暗闇ですが、一部緑色に怪しく光っている部分が。

f:id:lirlia:20141007234653p:plain

 

剣が突き刺さっています。RPGっぽい!ちなみに、下の方に見えますが「リアル脱出ゲーム」ではまず見ないであろう「石」が散らばっています。

 

本作品は墓の中という設定ですのでいたるところに「石」が落ちていますし、壁は石壁を模した作りになっています。この一枚の写真だけでも「普段のと違う!」となるのではないでしょうか。(ちなみに、中すごい暗いのでライトを貸してくれます)

※各部屋内の写真は公式HPからの引用です。(室内写真のアップ許可頂いています)

【3】部屋に進むとホラー

 

何だこれ…。

f:id:lirlia:20141007235350p:plain

 

設定通り、皇帝の墓があります。(とても雰囲気がありました)

f:id:lirlia:20141007235414p:plain

 

「夢の鏡」に比べると、こちらの部屋はよりダークな雰囲気を醸し出しています。

 

ちなみにこんなアイテムも使用したりします。

f:id:lirlia:20141007235618p:plain

 

左にあるのは空のボトル、そして、右のには「水」が入っています。まさか、こんな「割れ物」&「水」を脱出ゲームで使うなんて…。皆さん、謎解きに使うかどうかはわかりませんが、普通に割れる壺なので取り扱いはご注意ください。

【3】難易度

 

難しめです。制限時間50分以内にクリア出来たチームは40チーム中1チームしかいないそうです。(それでも49分ぐらい)そのため、こちらの部屋についてはヒントシステムが3回まで使用可能となっています。

 

ちなみに、2人で参加して53ぐらいでした。2人でこれぐらいで脱出出来る難易度とお考えください。(途中途中でスタッフと話たりしてましたが)

【4】特徴

 

(1)まさかの3人プレイ

2人で参加したのですが、スタッフから「ある謎は3人いないと解けない」と言われました。色々突っ込みどころは満載でしたが、その謎に直面した際にスタッフの方に協力をお願いしてクリアしました。

 

皆さんがもし参加される場合は、なるべく3人以上で行くようにしましょう。(最大人数は5人まで)なお、ソロプレイでスタッフが1名しかいない場合は、その謎がクリアできない場合がありますのでご注意ください。

 

f:id:lirlia:20141008001340j:plain

 

(2)見たこと無いダイヤル錠

このダイヤル錠が謎解き中に登場するのですが、合わせる方向がわかりにくくてつまりました。スタッフの方が、最初に説明してくれますのでしっかりと覚えておきましょう。(ダイヤル錠に矢印マークが付いているので、そちらに対象の文字を合わせるイメージです)

f:id:lirlia:20141008000849j:plain

【5】さいごに

 

「夢の鏡」と比べるとやはり難しく感じます。

その原因の大半は、何をすればいいかわからない所から来るのですが、ヒントシステムが上手く機能し、なんとか脱出というところまではもっていけました。

 

こちらの公演もギミック満載のものとなっていますので「夢の鏡」とご一緒にご参加してみてはいかがでしょうか。

では。

icon from icon8.com